企業組織再編税制の基礎知識

 
 「会社分割」は多角化経営等を求めた結果生じた複数の事業部門の独自性や効率を高めるために,個々の事業部門の分離・独立を容易に行えます。


分割型分割
 分割型分割とは,分割承継法人(分割により分割法人から資産及び負債の移転を受けた法人)の株式を分割法人(分割によりその有する資産及び負債の移転を行った法人)の株主に割り当てる方式であり,新設法人に営業の全部又は一部を承継させるか(新設分割),既存の他の法人に営業の全部又は一部を承継させるか(吸収分割)で区分することができます。

分社型分割
 
分社型分割とは,分割承継法人の株式を分割法人に割り当てる方式であり,分割型分割同様,新設法人に営業の全部又は一部を承継させるか(新設分割),既存の他の法人に営業の全部又は一部を承継させるか(吸収分割)で区分することができます。

メリット
(1) 企業内に事業部門が複数あることによる経営効率の低下を取り除くために,個別の事業 部門を分離・独立させることによって,事業ごとの独立性を高め,経営の効率化を図っ たり,不採算部門のリストラを容易に行うことが可能となります。

(2)主に中小企業で生じやすい株主間の紛争の解決や事業承継をスムーズに行えます。

(3) 規模の拡大や,事業再編のための合併を行う場合の規制クリアや,合併後の事業内容の 再編のために活用できます。


【課税問題】
原則
時価により譲渡したものとして,譲渡損益に対して課税されます。
繰越欠損金の引継ぎできません。
分割型分割の場合,株主に対してみなし配当課税が行われます。

例外
適格分割の要件を充足する場合には,移転資産・負債は簿価により移転されたものとして譲渡損益の計上を繰り延べます。
合併類似適格分割型分割の場合には,繰越欠損金の引継ぎが可能です。

※ 適格分割であっても,一定の場合,租税回避防止の観点から繰越青色欠損金・資産の含み損の一部につき引継ぎが制限されます。

戻る