企業組織再編税制の基礎知識


 「合併」とは,新規事業への進出,既存事業の強化,関係会社の整理などを目的とする場合に,自社の株式を対価として他社の資産・負債を自社に統合する手法です。


【課税問題】
原則
時価により譲渡したものとして,譲渡損益について課税されます。
株主に対してみなし配当課税が行われます。
繰越欠損金の引継ぎはできません。

例外
適格合併の要件を充足する場合には,移転資産・負債は帳簿価額により引継ぎをしたものとして譲渡損益の計上を繰り延べます。
 適格合併の場合には,原則として繰越青色欠損金の引継ぎ・資産の含み損の引継ぎが認められます。

※ 適格合併であっても,一定の場合,租税回避防止の観点から繰越青色欠損金・資産の含み損の一部につき引継ぎが制限されます。

戻る